お肉いろいろ
 

牛ハツ(心臓)

筋繊維が細かいため、コリコリした歯ざわりがあります。タンパク質とビタミンB1、B2が多い部位です。 串焼、網焼(ホルモン)きでご賞味ください。

牛ミノ(第1胃)

牛の4つの胃の中で一番大きく肉厚で、かたい部位です。繊毛が密生しています。 網焼き(ホルモン)等、でご賞味ください。

牛センマイ(第3胃)

千枚のひだがあるような形で、特有の歯ざわりがあり、脂肪が少なく、鉄を多く含みます。 網焼き(ホルモン)等、でご賞味ください。

牛ハラミ(横隔膜)

主に焼き肉用として出回っています。網焼き(ホルモン)でご賞味ください。

牛白モツ(ヒモ小腸)

大腸より薄くて細かい部位です。かたいのですが、じっくり煮込むとおいしく食べられます。 網焼き(ホルモン)、自慢の煮込みでご賞味ください。

牛白モツ(シマチョウ大腸)

ヒモに比べると厚く、かたいので長時間煮る必要があります。 網焼き(ホルモン)、自慢の煮込みでご賞味ください。

牛タン(舌)

ビタミンA、ビタミンB2、鉄、タウリンが食肉より多く含まれています。根元のほうは脂肪が多くてやわらかです。 串焼でご賞味ください。

牛ホホニク

ほおの部分です。1頭の牛から数キロしか取れない貴重な肉です。 暖かいホホ肉の赤ワイン煮でご賞味ください。

牛テール(尾)

コラーゲンが多いので、長時間の加熱でゼラチン化し、やわらかくてよい味となります。 暖かい牛テール(骨付き)スープでおだししております。是非ご賞味ください。

豚ハツ(心臓)

筋繊維が細かく緻密なので独特の歯ざわりがあります。ややかたく、味は淡泊。脂肪が少なく、ビタミンB1、B2、鉄が多く含まれます。充分に血抜きをしてから調理します。ひと口大にして焼き鳥風に。串焼でご賞味ください。

豚レバ(肝臓)

肉、内臓の中でビタミンAが最も多い部位。タンパク質、ビタミンB1、B2、鉄も多く含まれています。和風、中国風にはニンニクやしょうが、醤油、酒で‥ 串焼、網焼き(ホルモン)でご賞味ください。

ガツ(胃)

臭みが少なく、内臓を好まない人でも食べやすい部位です。 新鮮な歯ごたえをご賞味ください。

白モツ(ヒモ小腸)

脂肪が多く付着していますが、普通は軽くゆでて脂肪を除いたものが売られています。下ゆでしたものをさらにぬるま湯につけてアクをきれいに除いてから調理します。煮込みにしたり、串焼きにするとおいしく食べられます。 串焼でご賞味ください。

鉄砲(直腸)

腸の終端一番美味しいところ。 バクダン、網焼き(ホルモン)でご賞味ください。

子袋(子宮)

やわらかく淡泊な味で、脂肪は非常に少ない部位です。 新鮮な歯ざわりをご賞味ください。

タン(舌)

ビタミンA、ビタミンB2、鉄、タウリンが食肉より多く含まれています。根元のほうは脂肪が多くてやわらかです。 串焼でご賞味ください。

豚足(足)

コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質を多く含み、長時間煮るとゼラチン質に変化してやわらかくなります。骨と爪以外は、全部食べられます。 トン足、アブ足でご賞味ください。

ホーデン(睾丸)

精力倍増。力のホーデンは鮮度バツグン!

脳ミソ(脳)

いつもあるとは限らない。希少の素材です。 脳のミソ炒めでご賞味ください。